カテゴリー
未分類

盗用の横行に拍車をかける知財高裁の思考停止判決  「ルポは著作物じゃない」!?

 大内裕和武蔵大学教授による悪質な著作盗用事件をめぐって、著作権侵害による損害賠償を求めた裁判の控訴審判決が、きょう31日、知財高裁であり、本多知成裁判長は控訴人(筆者)が記事や著書で書いたルポは「著作権法上の著作物ではない」として控訴を棄却した。

 大内氏は、筆者が2010年に発表した雑誌「選択」の記事の一部や2013年に発表した著書「奨学金が日本を滅ぼす」(大内氏らとの共著)第2章「ルポ奨学金地獄」の一部と酷似した文章を、判明しているだけで12の雑誌や著書において無断で使用した。筆者は中京大学の研究倫理委員会に告発したが、予備調査の結果「本調査不要」として調査は行われていない。

 大内氏の盗用は、社会通念では明らかに不正とみられる行為だが、開き直れば逃げ切ることもできるのだという悪しきメッセージを送ることになりそうだ。

 ご支援いただいた皆様にこの場を借りて厚くお礼申し上げたい。司法の無理解には深く落胆していますが、あきらめることなく責任追及を続けていきたいと思います。逃げ得、やり得を許してはなりません。あらためて読者のみなさまのご支援を乞う次第です。

 三宅勝久

■大内教授のパクリを免罪した知財高裁判決

カテゴリー
未分類

杉並区議会委員会の傍聴席問題で陳情提出
「 理事者(答弁する区職員)の肖像が視認できないのは権利侵害にあたる」

 杉並区議会の委員会をめぐって筆者が何年も前から改善を求めてきた問題のひとつに傍聴席問題がある。傍聴人は委員長の許可を得れば撮影できるという制度なのだが、じっさいは撮影できない。指定された傍聴席の位置からでは理事者(答弁者である区長ら区幹部)の背中しか見えないのだ。

 2018年以降、再三にわたって改善するよう求めてきたが、区議会は黙殺してきた。あきらめるのを待っているかのようだ。

 権利侵害は明白であるので、このたび議会への陳情という形であらためて改善要求を行った。杉並区議会は陳情の審査率がきわめて低いことで有名である。今回の陳情がどう扱われるか、傍聴席問題の行方とともに観察したい。