カテゴリー
未分類

倉敷市議会の議運申し合わせ
「陳情はすべて委員会付託せず」は
 市規則に違反か

 倉敷市議会に対する陳情が、議員運営委員会の申し合わせ事項によって、委員会に付託されないまま一律門前払いされている問題で、この取り扱いが同市の規則に違反する疑いが浮上した。

 倉敷市議会会議規則第145条は陳情について次のように定めている。

(陳情書の処理)
第145条 議長は,陳情書またはこれに類するもので,その内容が請願に適合するものは,請願書の例により処理するものとする。

 また請願(議員紹介のあるもの)については、こう定めている。

第141条 議長は,請願文書表の配布とともに,請願を,所管の常任委員会又は議会運営委員会に付託する。ただし,議長において常任委員会又は議会運営委員会に付託する必要がないと認めるときは,この限りでない。

2 前項の規定にかかわらず,議長が特に必要があると認めるときは,常任委員会に係る請願は,議会の議決で,特別委員会に付託することができる。

 これらの規定をふまえれば、紹介議員のない陳情であっても、請願同様に付託する義務を議長は負っていると理解するのが自然ではないか。

 

 

 

カテゴリー
未分類

(更新)岡山県全自治体の開示請求権緊急調査
「何人も請求可」は10自治体

 公文書の開示請求権が何人(なんぴと)にも保障されているのか、それとも地元関係者しか開示請求できないのか。岡山県と県内のすべての市町村(15市、10町、2村)の情報公開の内容を緊急調査した。

 結果、岡山県と岡山市など10の自治体が「何人」でも開示請求可能との条例を持っている一方で、中核市の倉敷市を筆頭に、津山市、井原市、高梁市など17の自治体が、住民や学生、勤務者、利害関係者に請求権を限っていることが判明した。新庄村は確認することができなかった。

 「何人」にも開示請求権を保障する比較的開かれた条例をもつ自治体は次のとおり。

○岡山県行政情報公開条例
第五条 何人も、この条例の定めるところにより、実施機関に対して公文書の開示を請求することができる。

○岡山市情報公開条例
第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有する公文書の開示を請求することができる。

○玉野市情報公開条例
(開示を請求できるもの)
第5条 何人も、この条例の定めるところにより、実施機関に対して行政文書の開示を請求することができる。

○笠岡市情報公開条例
第5条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対して公文書の開示を請求することができる。

○総社市情報公開条例

※第5条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対して公文書の開示を請求することができる。

○新見市情報公開条例
第5条 何人も、この条例で定めるところにより、実施機関に対し、公文書の開示を請求することができる。

○備前市情報公開条例
第5条 何人も、この条例の定めるところにより、実施機関に対し、当該実施機関の保有する行政文書の開示を請求することができる。

○赤磐市情報公開条例
第5条 何人も、この条例の定めるところにより、実施機関に対し、当該実施機関の保有する公文書の開示を請求することができる。

○真庭市情報公開条例
第5条 何人も、この条例の定めるところにより、実施機関に対して公文書の開示を請求することができる。

○和気町情報公開条例
第5条 何人も、この条例の定めるところにより、実施機関に対し、当該実施機関の保有する行政文書の開示を請求することができる。

 ※総社市の情報公開条例の内容が判明したので反映しました。