カテゴリー
未分類

神奈川県道路公社がホームページを改良 情報公開規程公表へ

 条例や法律の適用をうけない法人の情報公開をどう進めるかは大きな課題である。神奈川県の外郭団体・神奈川県道路公社もそのひとつだが、公社の内部規程に基づいて情報公開請求しようとして重要な問題に気づいた。肝心の規程が公表されていない。改善するよう申し入れていたところ、きょう13日「ご指摘のとおり、規程をホームページで公表することにしました」との連絡があった。

 すみやかな対応を評価したい。

 情報公開規程の公開(請求希望者にも提供しない)を拒否する中京大学よりははるかにまっとうである。

カテゴリー
未分類

杉並区情報公開白塗り&審査請求4年放置めぐる訴訟の控訴審判決「白塗りは非公開処分」の可能性否定せず

 杉並区の情報公開手続きで、開示したとしながら文書の一部を白くぬったり、不服を訴えた審査請求を4年以上も放置したことの違法性をとうた訴訟の控訴審判決が、11日東京高裁であり、白塗りは非開示処分ではない違法な加工だとの一審判決にたいして、違法な非開示処分にあたる可能性もあるとする判断を示した。

 その上で、国賠法に基づいて金銭で賠償するほどの損害はないとして原告の請求を棄却した。

 杉並区は、情報公開請求の対象文書の一部を「黒塗り」ならぬ「白塗り」にして、条例にもとづく非開示処分ではない「犯罪防止措置」だなどと説明する独自の条例解釈を長年にわたって行ってきた。白塗りであろうが黒塗りであろうが非開示にはかわりないので、「白塗りは非開示処分である」ことを確認することを争点のひとつとする訴訟をこれまでに2件起こした。うち1件は「非開示処分である」と認定、もうひとつは「非開示処分ではない」との事実認定をした。今回の控訴審判決は後者である。

「控訴人が主張するように、本件加工をもって一部不公開処分と解したとしても…」との文言が追加された。その場合は条例にもとづく不開示理由の説明義務違反が生じるのだが、そのあたりは手抜きをしたと思われる。

 ともあれ、杉並区において今後「白塗り」を繰り返させないひとつの歯止めになったことはまちがいない。また、ほかの自治体や政府機関、独法などの「白塗り」を抑止する効果もあるにちがいない。

 御支援いただいた読者各位に厚くお礼申し上げる。

カテゴリー
未分類

購読料・寄付のお願い

 いつもご愛読ありがとうございます。心苦しいのですが、本ブログの運営はみなさまの購読料と寄付に依っています。ご理解のうえ、ぜひ御協力くださいますようお願いいたします。

 お支払いの要領等はこちらをごらんください。

 ・購読料・寄付のお願い 

カテゴリー
未分類

1件の情報公開請求に対して大量の決定通知書――横浜方式はなぜ問題なのか

 開示請求1件に対して数百通もの大量の決定通知書が届く。46ある区部局から個別にばらばらと届く。決定通知の全容を確認する必要があるので通知書の全部を一覧にして示してほしいと市の情報公開担当部署に依頼するもあえなく拒否。同じ文書番号の通知書が多数あり、煩雑さに拍車をかける。

 これは横浜市の情報公開制度をつかって筆者が現在直面している問題だ。長年にわたり多数の自治体や独法の情報公開制度を使ってきたが、横浜市のように「大量の通知書」が来るという経験ははじめてである。

 「市民情報課の指示でやっているのだが、じつは職員も困惑している」

 そんな市内部の声が筆者の耳にも届いている。匿名の職員の説明によれば、 通知書が大量に発行される仕組みはこうだ。

1 46ある区局ごとに開示・非開示・一部開示決定をだしている。

2 非開示部分と非開示理由ごとに対象文書をわけて、それぞれ決定を出している。

 横浜市は人口370万人の大都市だから部局ごとに開示決定事務を分けることはやむを得ないのかもしれない。仮に、区・部局ごとに2通(開示・非開示)決定通知を出せば92通だ。少なくはない。しかしこれならまだ我慢できるだろう。どういう文書を特定し、それらに対してどう処分したのかかが通知から読み取ることが可能だ。

 どうやら、1件の請求に対して300通〜400通もの決定通知を出すという大量発生の主因は「2」のやり方、つまり非開示の部分や理由ごとに通知をわけるという独特の方法にありそうだ。

 非開示理由ごとに分けるのだから、文書がちがっても通知は別になる。文書ごとに決定通知を出しているのとかわらない。文書が多ければ大量の通知になるのは当然である。

 こんなやり方で本当に正しいのか。筆者は疑問を禁じ得ない。決定通知を交付する目的は、開示請求に対して実施機関(市長や選管など)がどの文書を対象文書に特定したのか、どういう理由で非開示にしたのか、といったことを明確に伝えることにある。1件の請求に何百通もの決定通知を出せば、煩雑になって決定内容がうまくつたわらないのではないか。

 通知文書が大量になれば、抜け落ちたり紛失したりするおそれも出てくるだろう。同じ文書番号のものが多数あるのだから、抜けがあっても発見しにくい。

 改善の余地が多いにあるのではないか。とある職員に向けると、「そう思うのだが、上からの指示なので・・・」との嘆きともつかない言葉が返ってきた。

 全国でも例のない”横浜方式”について、引き続き調べていきたい。読者各位の御意見をお待ちする。

カテゴリー
未分類

記事掲載のお知らせ
〈教官の“靴磨きイジメ”で教育隊入校中の陸自隊員が自死 国に賠償命令も、遺族が納得できず争う理由〉

 読者のみなさん、こんにちは。マイニュースジャパンに記事を書きましたのでご案内します。日本社会の隅々に蔓延するいじめの問題を考える上で、自衛隊内部のいじめ(おそらくは旧軍から続いている文化)について知ることが欠かせないように思います。ご覧いただけましたら光栄です。

【教官の“靴磨きイジメ”で教育隊入校中の陸自隊員が自死 国に賠償命令も、遺族が納得できず争う理由】

 2015年10月、陸上自衛隊の第5陸曹教育隊(佐世保市相浦=当時)で入校中の学生隊員(享年22)が自死する事件が起きた。教官のいじめを訴える遺書があったことから、遺族は国などを相手どって国家賠償請求訴訟をおこす。2年あまりの審理を経て今年(2022年)1月、熊本地裁が言い渡した判決は、国に賠償を命じる原告勝訴だったが、その金額はわずか220万円。なぜか。判決では、亡くなった隊員が生前受けた苦痛に対してのみ責任を認め、死亡については「予見可能性がなかった」として責任を否定したからだ。納得できない遺族は控訴し、福岡高裁で審理が続く。「業務」と称して教官の靴磨きを命じ、その手順をめぐって理不尽な「指導」を繰り返す。裁判で浮き彫りになったのは、帝国陸軍を彷彿とさせる自衛隊の陰湿かつ幼稚で残酷ないじめ文化だ。深く病んでいる今の自衛隊で、日本社会を守れるのか。

【Digest】
◇熊本地裁502号法廷
◇「殺したくなると言われた」と遺書で告発
◇一生の仕事にと自衛隊入隊
◇やる気いっぱいで入校したが…
◇入室要領とは何か
◇伝令業務とは何か
◇H区隊長との出会い
◇「勝手に靴磨いた」ことが大問題に
◇真相究明という遺族のたたかい
◇「予見可能性なかった」とする判決に問題

 https://www.mynewsjapan.com/reports/2638

 

 

 

カテゴリー
未分類

保護中: 大内教授訴訟資料(1審記録・参考資料・判例)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー
未分類

 コンプラ関連文書の管理状況「把握する必要なし」
横浜市コンプラ課長が驚愕の回答

 横山市職員が記者クラブや企業関係者らと「職務として例外的に」飲食をする際の申請書や承認書類が適切に管理されていない疑いが浮上した。

 武井友子コンプライアンス推進担当課長は24日、筆者の電話取材に対して次のとおり回答した。

〈46ある区や部局がそれぞれの判断で管理年限を決めているが、「1年のところもあれば3年のところもある」などばらつきがある。管理の実態については把握してない。〉

 横浜市のコンプライアンス指針によれば、統括コンプライアンス責任者(副市長)は、「必要があると認める場合は各コンプライアンス責任者(局長・区長)に対して随時報告を求めることができる」とある。

 この指針を踏まえて、「文書を適切に管理していなければ、統括責任者から報告を求められても報告できないのではないか。担当課として、各区局の文書管理の状況をすぐに調査すべきではないか」とただしたが、武井課長は、「各区局で適切に管理されている。調査して把握する必要はない」と繰り返した。

 行政機関にとって文書管理はもっとも重要な業務であるはずだ。それを軽視する横浜市の姿勢に強い疑問と懸念を抱かざるを得ない。

 

カテゴリー
未分類

大内教授「パクリ」めぐる著作権侵害訴訟の判決に異議あり/若葉文庫のインタビュー

 大内裕和中京大教授による著作盗用事件で、東京地裁は、被害にあった三宅のルポは著作権法上の著作物ではないので権利侵害はない、というにわかに信じがたい判決を出した。現在控訴して争っている。この問題について、若葉文庫の横浜大輔代表のインタビューを受けたのでご紹介したい。

カテゴリー
未分類

市民をあざむく横浜市幹部
記者クラブとの宴会で「飲酒の有無は記憶ない」連発

 庁舎施設の一部を無償で独占使用させ、市長記者会見への取材参加者の選別作業に関与させるなど、横浜市が絶大な特権を与えている「横浜市政記者会」なる任意団体がある。新聞・通信社でつくるいわゆる記者クラブである。この「記者会」と市報道担当職員らが頻繁に宴会を開いている問題について、3月8日の市長定例記者会見で追及した。今回は、宴会で酒が出たかどうか、という点を中心に、じっさいに宴会出席経験のある佐藤広毅報道担当部長や「宴会問題」調査責任者である市長に尋ねた。

 結論から言えば、なにかよほど都合の悪いことがあるのではないかと疑念を持たざるを得ない回答ぶりであった。

 佐藤部長は「覚えていない」「記憶にない」と繰り返した。また、宴会は記者会側が予約し、その内容にしたがって佐藤部長など報道担当の幹部がコンプライアンスの申請をしていることが筆者ら取材班の調査で判明しているが、佐藤部長は、誰が予約したかについてすら「はっきりと覚えていない」と答えた。 公然とウソをつく市幹部の姿を眼前にしながら、山中市長は、宴会で職員が酒を飲んだかどうかについては調査する意思がないことを明らかにし、ウソを擁護した。さらに、記者会見場にいた記者会の「記者」らもいっせいに沈黙、あからさまにため息をついて不満を表現する者もいた。 

 強烈な腐臭が漂う記者会見場だと筆者は感じた。あらたな事実がわかり次第ご報告したい。

===

2022年3月8日 横浜市長定例記者会見

ーー(記者会との宴会に参加した)佐藤(広毅・報道担当)部長は会食で酒を飲んだのか?


山中竹春横浜市長 私は参加しておりませんので(佐藤部長に目線を送る)。

佐藤広毅報道担当部長 報道担当部長佐藤です。先日三宅さんにお答えしたとおり、意見交換をしていたということでございまして、ま会食ということでありましたので、会食をして意見交換をしていたということでお話をしてございます。

――いや、お酒を飲んだかどうか。会費5000円というのはふつうお酒を飲むんじゃないかと。私、じっさいにお店をいろいろお訪ねしました。お酒のあるお店です。お酒込みで料理セットで5000円というコースもあります。だから、こういうものをお食べになったのかなと想像しますけども。べつにお酒を飲んだことを責めているわけではなくて、お酒を飲んだかどうかを説明する一定の責任があるんじゃないかと思うのでお聞きしている。はっきりとお答えください。

佐藤 お酒そのものを飲んだかどうか、そんなに覚えていないです。私そんなにお酒強いほうではありませんので。ま・・・飲みものは飲んでいると思います。

ーーほかの方は飲んだんですか? 

佐藤 それはわかりません。

――いやいや、あなた部下を連れて行ってるでしょう。

佐藤 何を飲んでいたかはわかりません。

ーーあなた承認を・・申請をされているんじゃないですか。会費これこれで意見交換のためでと申請をコンプライアンスにされて。

佐藤 意見交換を行うということで申請をしております。

ーーですから、会費のなかに、お払いになった会費のなかにですね、お酒代が入っているかどうか。それは説明してください。ここでお尋ねしている、しつこく聞いているのは、意見交換にお酒が必要なのかどうかというのは、人によっていろいろ見解があることだと思いますね。一定、市民に対して説明する責任があると思います。はっきりと言ってください。

佐藤 …

ーーお酒代が入っているかどうかということです。あなたが飲んだかどうかということよりもですね。

佐藤 …ちょっとそこの部分は、お酒代が入っているかどうかは私にはわかりません。あの、決められた自己負担額を払っていると。…ご理解いただければと。

ーー料理が何が出て、そこにどういう飲み物が出たかはご記憶にないんですか?

佐藤 あまり覚えておりません。

ーー何を覚えているんですか?

佐藤 中華料理だったようには思いますけども・・・具体的に何の料理だったかは覚えていないです。

ーーいま調査を受けている、ヒアリングを受けたんですか?

佐藤 受けております。

ーーどなたから受けましたか?

佐藤 政策局の総務から。

ーーどのように答えているんですか。

佐藤 自分の負担する分を支払ったと…いうことで。

ーー何に対する支払いかってことは聞かれませんでしたか?

佐藤 そこの部分については…ちょっと…・。

ーーじゃここで説明してくださいよ。

佐藤 …

ーー何に対する対価なんですか?

佐藤 何に対する対価って、私たち市政記者会との意見交換を行っております。いま現在、記者のみなさんがどういうことに興味があるのか、いうことを学ぶことも、それは市政にとって大切なことだと思いますし、また市政記者会のほうから報道取材を行うにあたって、どういうふうな取材の受け方、どうすればいいのか、ということも、われわれにとって学びになります。そのような場面で貴重な意見交換の場として…だったように思います。

ーーたいへん結構なんですけども、私が言っているのは対価ですから、お金はお店にお払いになったんですよね。何に対する対価としてお店にお払いになったのか。時間が限られているのではっきりと端的に答えてくださいよ。

佐藤 ・・・

ーーお酒を飲んだのか、出たのかどうか。

佐藤 食事はしておりますのでそれに対する対価だとご理解いただければ。

ーーいやいや。

佐藤 記者会見の場でもありますので。この話はまた三宅さんと私で…

ーーごまかさないでください。ちゃんと。お酒出たんですかどうなんですか。

佐藤 私と三宅さんのやりとりは、また出たところでやらせていただきます。

ーー私と佐藤さんがなんかお酒飲んでいる仲みたいな言い方しないでくださいよ。お酒ふつう出るでしょう。だから出たなら出たとちゃんと答えてください。時間がない。

佐藤 出たかどうか記憶していないと先程から申しあげている。

ーー佐藤さんより記憶がはっきりしている部下の方にお尋ねになって、次の機会に説明してください。異動されていたら申し送りしてください。

佐藤 市長定例記者会見の場でもありますので、そこのところは三宅さんと私と報道担当のほうでやらせていただければ。

ーー市長、いまの点も含めてちゃんと調査をされるんでしょうか。お答えになってください。

山中 調査については各関係者にヒアリングをしたところでございます。結果に関してもですね、先日・・・・所管のコンプライアンス担当からも、そういった逸脱した行為は確認されなかったと回答いただいているところです。

ーーそこにお酒を飲んだかどうかは調査のテーマにあるんでしょうか、ないんでしょうか。

山中 お酒を飲んだかどうかを、まあお尋ねされているんですが、論点は利害関係者と、われわれのコンプライアンス規範を超えて・・・市民から誤解される行為をしたかどうかが論点だと思いますので、そこに関して確認したと、いうふうに承知しています。

ーーうん? お酒を飲んだかどうか調べていないということですね。

山中 先程申した…逸脱する行為があったかどうか確認するということで…・各人にヒアリングを行った。

ーー予約は記者の側がしていますね。まちがいないですね。

山中 …

ーー佐藤部長、お答えになってください。予約はぜんぶ記者の側がお店にしてますね。

佐藤 私のほうでは誰が予約したのかというのは、自分のいまの記憶をたどっても、どちらが予約したかは正直覚えていませんので。

ーーそうすると、市の職員のほうが予約したことはないということでいいですね。

佐藤 誰が予約したかというのは私自身が覚えておりません。承知していないと思います。

ーー誰が予約したかわからない会に佐藤さんは行かれたと、そういうことですか。

佐藤 はい、開催するという情報はいただいたので・・・

ーーその情報は誰から聞かれたんですか。

佐藤 市長の定例会見の場ですので、私と三宅さんの間でお話させてもらえればと。

ーーこういう場だからちゃんと答えてくださいと。

佐藤 まだ質問が残っている方がいるので・・・

検索

カテゴリー
未分類

保護中: 大内資料

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。