カテゴリー
未分類 杉並区 行政腐敗 警視庁

「杉並区住基ネット情報漏洩事件」の怪  内部調査ほぼ皆無で警察に丸投げって? (★加筆)

 住基ネットの個人情報を漏洩したとして、警視庁が11月5日、住民基本台帳法違反の容疑で杉並区区民生活部主事の男性職員を逮捕するという事件が起きている。

https://www.city.suginami.tokyo.jp/news/r0411/1078406.html

 岸本聡子区長は9日の記者会見でこの事件に関する記者の質問を受け、高橋俊康区民課長とともに答えたが、一定の不可解さが残る説明ぶりであった。筆者はあいにく別件の仕事で記者会見に出ることができなかったので、区ホームページで公開されている動画を見ての感想である。

 この問題を質問したのはジャーナリストの寺澤有氏と毎日新聞記者の2人だけだった。そのことにも驚きを覚える。

 区ホームページの記載記者会見での区側の説明(1時間0分30秒付近〜)によれば、経緯はこうだ。

・今年2月28日、個人情報漏洩を告発する顕名の手紙がとどく。手紙には漏洩された被害者の氏名と個人情報が記載されていた。

・同日、区は住基ネットを調査し、検索履歴から男性主事を特定する。

・3月1日、区は当該の主事に対して聞き取りを実施、「検索した記憶はなく、不正行為は一切行っていない」と回答。

・3月2日、区は警察に「相談」。

・11月5日、警視庁は男性主事を逮捕。

 記者会見でのやり取りを見てまず強い疑問を覚えたのが、漏洩の有無に関する調査のずさんさだ。告発の手紙で漏洩が確認された被害者のデータに関して関与した職員を調べるのは当然だが、それ以外にも個人情報の不正アクセスや漏洩がなかったか、調べた形跡がない。通報によって被害者名がわかった部分だけを調べて終わりだ。

 岸本区長の説明も「(漏洩事件に対する対応を職員に)指示したかというよりは、私も入った上で対策を関係の職員とやってきたというほうが理解が現実に近いと思う」といった調子で、毅然として調査をするというには程遠い印象がある。

 逮捕された主事は情報漏えいを否定しているという。仮に事実だとすれば、彼のIDを使って別の職員が犯行を行った可能性が出てくる。IDの使いまわしはなかったか。そう疑う余地も多分にあるが、調査がなされた様子はない。260人いるという住基ネット操作権限者のうち、おざなりで形式的な内部調査の後、警察に突き出されたのは件の主事だけなのだ。

 ★そして、名乗った上で告発した人物だ。彼あるいは彼女は、いったい何者なのか。なぜ漏洩したとされる情報をもっていたのか。いっさい説明しようとはしなかった。★

 あるいは、説明していない事実、説明したくない事実があるのかではないか。そんな気がしてくる。注意深く事件をみていきたい。

カテゴリー
不良警官 警視庁

警視庁現職巡査長の連続空き巣事件めぐる監督責任処分書黒塗り問題
 非開示撤回は「年齢」だけと判明

 警視庁警察官による連続窃盗事件をめぐる上司らの処分・注意文書(「荻窪警察署員による住居侵入・窃盗事案(監督責任)の措置案」)のうち、署長ら幹部職員の氏名が不開示にされている問題で、警視庁の黒塗り処分一部撤回の実態が判明した。荻窪署長、副署長、交通課長、交通課長代理、交通捜査係、の各職員の年齢を開示しただけだった。

 氏名は従来どおり非開示にしたままだった。

 https://www.mynewsjapan.com/reports/2619

 おそるべき隠蔽体質である。失敗や不始末に向き合わずにごまかそうとすればするほど組織は弱体化する。警察は自滅したいのかもしれない。

 なおこの文書をめぐっては、黒塗り取り消しを求めて行政不服審査法にもとづく審査請求をしている。

署長、副署長、課長らの氏名が黒塗りにされた連続空き巣事件の監督責任「措置案」。年齢のみ開示してきた(赤線部分)。

■関連記事 

https://miyakekatuhisa.com/archives/2131

カテゴリー
情報公開 警視庁

警視庁が「処分書の幹部名黒塗り」を撤回か 荻窪署員連続空き巣事件

 警視庁荻窪書交通課の現職警察官による連続窃盗事件をめぐる上司らの処分・注意文書を警視総監宛に情報公開請求したところ、副署長ら幹部職員の氏名を不開示とする決定を行った。これを不服として黒塗りの取り消しを求める審査請求を今年2月に行ったところ、警視庁は昨日(14日)、黒塗り処分を撤回する旨決定したと筆者に連絡した。

https://www.mynewsjapan.com/reports/2619

 変更語の決定通知や対象文書がまだ届いていないため詳細はわからないが、少なくとも副署長の氏名は開示したのではないかと想像する。

 少し前なら、この程度の問題はメディアで騒ぎ、世論がそれに反応して、たちまち解決しただろう。署長副署長は名前を隠すどころか、カメラの前で謝罪することを余儀なくされであろう。

 主権者が油断すると、権利がどんどん侵害されてしまうということをあらためて痛感する。