カテゴリー
未分類

中京大学教授「盗用疑惑」
被告大内氏から答弁書
全面的に争う姿勢

 中京大学教授の大内裕和教授が筆者の著作ときわめて似通った文章を多数発表したことをめぐる著作権侵害訴訟で、被告大内氏からきょう17日、ようやく答弁書が届いた。代理人弁護士は樽井直樹・倉知孝匡両氏。原告筆者の文章は著作物にあたらないので著作権侵害はないとして、全面的に争う姿勢を明らかにした。22日13時15分東京地裁510号法廷で開かれる第1回口頭弁論で訴状とともに陳述する予定。

 読者のみなさまの応援を節にお願いする次第である。

作成者: MIYAKE.K

みやけかつひさ ジャーナリスト・スギナミジャーナル主宰者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。