カテゴリー
未分類

杉並区の審査請求3年9ヵ月(1ヵ月増えました)放置めぐる国賠訴訟、区は全面的に争う姿勢

 杉並区選挙管理委員会が情報公開に関する不服申し立ての手続きを2017年7月以降現在まで3年9ヵ月間も放置していることの違法性を問う国家賠償請求訴訟で、被告区側から答弁書が提出された。請求棄却を求めるとして全面的に争う姿勢である。訴状に対する認否反論は追って行うとのことで、反論の具体的内容はまだ不明である。

 第1回口頭弁論は4月27日14時30分、東京地裁415号法廷で開かれる。

 

  

作成者: MIYAKE.K

みやけかつひさ ジャーナリスト・スギナミジャーナル主宰者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。