カテゴリー
未分類

杉並区の情報公開事務が画期的改革
スキャナー用の交流電源使用可能に

 情報公開の重要性に理解のある岸本聡子新杉並区長のもと、区の情報公開事務に大きな変化があった。開示文書を閲覧する際に交流電源の使用を認めるとの連絡が、きょう26日、情報公開室からあった。消費電力15ワット程度の小型スキャナーを使いたいので電源の使用を認めて欲しいとの要請にこたえたものだ。田中区長時代には拒絶されていた。

 首長がかわる意義は大きい。

作成者: MIYAKE.K

みやけかつひさ ジャーナリスト・スギナミジャーナル主宰者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。