カテゴリー
中京大の情報公開 研究不正 研究倫理

「盗用」に口拭う大内教授が教職課程の教鞭をとる絶望

 武蔵大ホームページに載っている大内裕和教授のプロフィールによれば、大内氏の専門分野は「社会教育学、教育制度論」で、同大学では教職課程に所属しているとのことである。

https://3s.musashi.ac.jp/kgResult/japanese/researchersHtml/RT2B22003/REP_SENMON_BNY/RT2B22003_REP_SENMON_BNY_2.html

 まっとうな研究者であれば申し開きのしようがない「盗用」をしておきながら、独自の文章である、データを使っただけである、などと苦しい言い訳をして全力で責任回避を続ける大内氏と、彼の不正を擁護し、被害者の声を徹底して無視する取り巻き連中(同じ組織に属する弁護士や大学教授)の姿は、学校現場で多発するいじめと光景が似ている。いじめっ子はそれを見て見ぬふりをする周囲の「ふつうの子」や教師の存在があってはじめて権力を持つ。

 不正隠蔽を現在進行形で進める当人が「教職課程」で教員を養成をするというのはブラックユーモアである。研究不正もいじめも、これではなくるはずがあるまい。

 ■大内事件に関する論文

作成者: MIYAKE.K

みやけかつひさ ジャーナリスト・スギナミジャーナル主宰者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。