カテゴリー
研究不正 研究倫理 著作権問題

岩手大学准教授論文に「不適切な引用」 掲載削除

 岩手大学教育学部の菊地洋准教授(公法学)が発表したコロナウイルスに関する論文に、通信社配信した記事と酷似する部分があることが発覚した。論文は17日までに「文の中で、不適切な引用をした部分があった」として発表媒体の論文集から削除された。

 問題の論文は〈新型コロナ感染予防のための「自粛」と国民の権利―憲法学の視点からの検討―〉と題するもので、岩手大学の紀要(論文誌)である『岩手大学文化論叢』の2021年2月発行第10輯(しゅう)に発表、同大学のレポジトリ(岩手大学がインターネット上で公開している論文データベース)を通じて一般に公表された。

 ところが、この論文の一部が、共同通信が同年2月5日付で加盟社の新聞用に配信した論説記事

「コロナ関連法改正/過料でも逆効果が心配だ」 https://www.saga-s.co.jp/articles/-/629899

 ときわめて類似していることがわかり、研究不正ではないかとの指摘が研究者らからなされていた。共同通信社からの問い合わせを受け、菊池准教授は謝罪し、論文が削除された模様だ。自主的に撤回したのか、あるいは論文誌が削除したのかは明らかになっていない。

 筆者の取材に対して菊地准教授は17日、次のように回答した。

 「お問い合わせの論文については、論文の中で、不適切な引用をした部分があったために、権利者の方からご指摘を受け、お話をさせていただき、謝罪をしたうえで、結果として、リポジトリから論文の掲載を削除したというのが理由となります。今後、このようなことが生じないように、細心の注意を払いながら、教育・研究活動をしてまいりたいと考えております」

 研究不正の多発を憂慮する声がたえないが、特に教育系の大学に多いとの研究もある。

参考記事「研究不正シンポ」

三宅勝久

 ○購読料・寄付のご協力をお願いします

作成者: MIYAKE.K

みやけかつひさ ジャーナリスト・スギナミジャーナル主宰者

「岩手大学准教授論文に「不適切な引用」 掲載削除」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。